株式会社萬野屋【公式】アルバイト・社員求人サイト

株式会社萬野屋求人サイト

メインビジュアル

萬野屋

食に誇りを、仕事に誇りを。
萬野屋でともに未来を創りませんか。

農家の人が自分たちで食べる野菜のように安心・安全な素材をみんなに食べてもらいたい。
お魚のプロの漁師が行くお寿司屋さんのように、新鮮でおいしい素材をお客様に提供したい。
お肉のプロが唸る、世界一の美味しい焼肉屋さんを作りたい。
そんな思いを持った仲間の集まりです。

肉写真

萬野屋で働くメリットMerit

Merit01

熱い仲間と一緒に、
同じ目標に向かって働ける!

萬野屋で働くスタッフは、仕事に対して夢や目標を持っている方が多いです。
「もっともっとお肉の知識を身につけたい」「大好きな接客のスキルを磨いていきたい」「自分のお店を持つことが夢」など、内容は人それぞれですが、熱い気持ちはみんな同じ。
切磋琢磨し合える仲間と働ける環境です!

メリット1

Merit02

充実の研修制度や独立支援制度、
その他社内イベントなども!

入社後のOJTはもちろん、社外のセミナーに参加することで接客や調理、ゆくゆくはマネジメントのスキルを上げるチャンスがあります!
また独立支援制度もあるので、将来自分のお店を持ちたい方にもおすすめです。その他慰安旅行や会社の船で行く釣りイベントなど、楽しい行事もたくさんあります!

メリット2

Merit03

店舗運営や営業など、
キャリア選択の幅が広い!

働く上で、キャリアの選択肢が多いことは重要です。萬野屋では接客や調理を極めたい人はもちろん、店舗運営や飲食店への卸・営業、さらに店舗プロデュースまで、幅広いステージをご用意しています!最初は具体的な目標がなくても、働くうちにきっとあなたらしい道が見つかるはず。一緒に未来の可能性を拡げてみませんか!

メリット3

スタッフインタビューStaff Interview

012018年4月入社 本店

スタッフインタビュー1

入社動機はなんですか?

私は人見知りもなく、人と話すことが好きです!以前飲食店でアルバイトをしており、働いているうちに接客する事が大好きになりました。
学校で就活活動をしている時に、先生に萬野屋をすごく勧められ、同じ学校を卒業した先輩も働いていると聞き、興味ある接客業界でしたので入社を決めました!

成功談と失敗談を教えてください。

ご予約のお電話をお受けしたお客様がご来店されたとき、「電話対応に親近感がある」と褒められたことが嬉しかったです。
これからも親しみを持っていただける接客をしていきます。
失敗談としては、つい先日まで高校生だったので分からない事やできない事が沢山あり、対応できないことが多いです。だからと言ってそのままにするのではなく、分からないことはすぐに先輩や上司の方に聞き、頑張っていこうと思います。

萬野自慢をどうぞ!

この会社の自慢は、丁寧に指導してくれる先輩が沢山いることです。皆さんフレンドリーに接してくださり、質問も丁寧に答えてくださいます。

022018年4月入社 卸事業部

スタッフインタビュー2

入社動機はなんですか?

調理師学校を卒業後、料理の中でも色々な職種を体験したいと思いました。僕はお肉が好きなので、お肉に関する仕事について知識をつけたく思い、萬野屋に入社しました。

成功談と失敗談を教えてください。

卸事業部に勤務しているので、特にお肉やホルモンの様々な部位を沢山勉強させて頂いています。お肉の筋を引いたり、タンの皮剥ぎをしたり、数をこなすほど成長を実感できるので、毎日目標を立てて仕事をするのが楽しいです。
時には怪我をしてしまい大変ですが、お肉や包丁を扱うのが好きなら大変な事も楽しい仕事に変えていけます!

萬野自慢をどうぞ!

他の焼肉屋さんやお肉屋さんでは見る事も触れる事もできない部位を、捌いたり触れたりする事ができるので、毎日すごく勉強になります。
お肉以外にも衛生面の知識や調理法等も先輩の方々に教わりながら仕事をしていきます。

032016年4月入社 三休橋店

スタッフインタビュー3

入社して3年、どう感じていますか?

学生の頃肉屋で働いており、そこからお肉に興味を持って入社しました。最初は包丁も触った事がない僕でしたが、たくさんの先輩社員さんに助けられ、今はお肉も切れるようになりました。
店舗でも肉場を任せて頂けるようになりました。この調子でこれからも成長していきます!

職場の雰囲気について教えてください。

萬野は全店オープンキッチン。いいところは、やっぱりこのカウンター商売!その日その日のご来店頂くお客様と会話をすることで、様々なお話や経験ができます。
明日はどんなお客さんが来るだろう!と毎日楽しみながら働くことができます。

これからの目標はなんですか?

お肉の勉強をしっかりして、自分の知識にすることです。今もお肉について勉強中ですが、まだまだ学ぶことは沢山あります。聞いて、見て、触れて学び、いつかお客様の前でお肉を切れるようになります。

求人一覧へ